涙の乙女 読んでてしんどい 読んだ感想ネタバレ 無料

涙の乙女をスマホで読んでみたので感想を書いていきます。無料で読む方法も紹介していきます。

涙の乙女 読んでてしんどい 読んだ感想ネタバレ 無料

 

 

作者  大西巷一
「中世の魂をもつ男」


■■■■■涙の乙女 読んだ感想ネタバレ■■■■■


あまり歴史上には登場しない
女性たちの生きざまが描かれています。



暴力シーンやスプラッタ・性的描写が生々しいので
苦手な方はご注意を…



ナポレオン時代のフランスにおける男装の
殺人鬼マネット・ボヌール



英仏百年戦争の時代にフランス王室への
復讐ため戦った雌獅子ジャンヌ



そして征服者ピサロの女となった
インカ皇帝の妹イネス



歴史上の悲劇の女性を主題にした3編。



そして領主に牙を剝いた囚人の王を
描くデビュー作「豚王」が収録されています。



4篇のうち1篇を選べ、と言われたら
迷わず『豚王』
面白かったです



描きたい気持ちが先行・いささか上滑りな
感もありますが、それにしても
ドライブ感充分、愛憎悲しみと喜び狂気と狂喜
絶望と希望、そういった多面性に満ちた、勢いのある
快作だと思いました。



それにしたってマネット・ボヌールと来たら…
オスカルさまもびっくりな人が実在したんですねえ。



好き嫌いの別れる作品だと思いますが
私はお勧めします!!




涙の乙女まんが王国
試し読みが出来ます。




まんが王国>>




【涙の乙女】で検索すると
無料で読めます!